熊本の家事代行サービスならゆとりすとにお任せください

家事代行サービス ゆとりすと

ご依頼・ご相談などお気軽にお電話ください。TEL:096-285-1083

家事代行 熊本 ゆとりすと 熊本市 収納アドバイス 掃除 洗濯 片付けなど

現在、家事代行のご依頼が多く、スタッフのスケジュールの空きがない状況が続いております。そのため、スポットおよび定期、お試しはご依頼をお受けすることが出来ません。誠に申し訳ございません。 サービスをお受けすることが出来るようになりましたら、再度お知らせいたします。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

家事代行サービスお試しプラン 家事代行サービス定期プラン 引越しや入院に便利なスポット対応
介護保険をご利用したいお客様へ 価格の表示について

← ワンポイント一覧ページに戻る

家事のプロゆとりすとが教えるの簡単お掃除ワンポイント♪

床掃除の常識 洗剤は極力使わない

洗剤

2度拭きいらずは要注意

床用の洗剤にはバケツの水に入れて薄めて使うもの、スプレーになっていて布にスプレーして使うタイプがあります。

「2度拭きいらず、簡単で汚れも落ちて除菌も出来る。」そんな謳い文句にひかれて、漫然と掃除に使っている方も多いと思います。でも掃除のあとの床がぬるぬる、つるつる滑るとの使ったあとの感想をよく耳にします。

でもぬるぬるして、つるつるして滑って当然だと思います。洗剤を拭き上げないということは、洗剤が床に残っているのは当たり前です。汚れは落ちて除菌も出来るかも知れませんが、洗剤が付いた床の上で毎日生活する事になります。

素足でその上を歩いたり、小さな子供やペットなどは洗剤が口の中に入ることも考えられます。

日常の床掃除に洗剤は必要か?

床の材質にもよりますが、通常住宅に使われているフローリング材は毎日乾拭きで十分です。表面の埃や軽い汚れであれば、乾拭きで綺麗になりますし、フローリング材を痛めません。ただ、床に何かこぼれたり、手垢や足跡など乾拭きでは落とせない汚れに関しては水拭きが有効です。それでも水分が含む事により床には多少なりダメージを与えますので、硬く絞った布で出来るだけ短時間で拭き取り、その後乾拭きを必ずします。ほとんどの汚れは落とせるはずです。わざわざ洗剤分が残る床にしなくてもいいと思います。

必要な場合は必ず2度拭きを

洗剤は極力使う必要はないと思いますが、どうしても必要な場合は使用後に必ず2度拭きして洗剤分を拭き取って下さい。体への影響だけでなく、床材が傷む、ワックスが取れやすくなります。

日常の掃除は乾拭きと水拭きだけの掃除の方が簡単で健康面、住宅にも優しく、経済的です。

今回の記事はお掃除のお役に立てましたでしょうか? ぜひ上記のボタンやコメントなどで応援いただければ嬉しいです^^

運営者情報

家事代行サービス
株式会社ゆとりすと

熊本市東区長嶺西1-6-88-103

TEL:096-285-1083

※初めてのお客様はまずこちらをご一読ください。

オンラインショップ

オンラインショップ

衛生管理除菌サービス

守秘義務について

サービスについてのお問合わせ

ゆとりすとトップページ

サービスのご紹介

お客様の声

簡単お掃除ワンポイントブログ

高齢者みまもりサービス

障碍者の雇用を拡大するアウトリーチプロジェクト

熊本県行政書士会

くまもと高齢者支援