ゆとりすとの特徴

ゆとりすとの家事支援は一般の家事代行スタッフと違い介護資格を持つスタッフがサービスをおこないます。

高齢者の方の生活や身体についての知識に加えて、糖尿病療養指導士、おむつフィッター、ユマニチュード(認知症ケア)等の資格取得や研修、勉強会などスタッフ間の情報共有を積極的におこないことで介護職員としてのスキルアップをはかっています。また、長年の家事代行業としての家事のノウハウも兼ね備えており、まさに高齢者の方やそのご家族に特化した家事サービスを提供することが出来ます。
介護保険と組み合わせることで、使いやすくて、リーズナブルなサービスを可能にしました。

ポイント1

サービススタッフは介護資格保有者

介護福祉士、実務者研修修了者、初任者研修修了者、ヘルパー2級他介護の資格者がサービスを提供します。

 

ポイント2

65歳以上の高齢者に特化した家事支援

現役世代の家事支援と異なり、単に掃除や調理をするのではなく、利用者様の体調や生活状況をみながら、傾聴にも心掛け、その方にあった必要なサービスを提供します。

 

ポイント3

自由なサービス内容

介護保険の制約にとらわれず、サービス内容、サービス時間も自由に設定出来ます。45分の介護保険サービスだけでは足りない場合はプラス15分から家事支援サービスを続けて利用できます。介護保険ではできないサービス、例えば窓拭きや庭掃除なども家事支援サービスで使えます。また、同居のご家族の家事支援も介護保険サービスの後に続けてすることで、リーズナブルに効率よく使うことが可能です。

 

ご希望の方は市町村への介護保険サービスの要介護認定申請を

無料にて行政書士が代行いたします。

copyright(c)2019 Yutorisuto all rights reserved.