利用例

ケー1

お買い物のこだわり

80代ご夫婦の二人暮らし。共に介護保険を利用。家事支援(自費)は週4回ご利用。

介護保険では主に入浴介助、服薬介助、おむつ交換、移動・移乗介助などをおこなっています。食べ物や商品、生活習慣に強いこだわりがあるため、介護保険での通常の買い物支援では難しい状況でした。例えば家から車で30分程かかるパン屋にしか売っていないパンを買ってきて欲しい。食欲がないときにはそこのパンならば食べられると希望されます。また日用品に関しても、どこのどの商品と細かく指定をされます。そして今日すべて買ってきて欲しいとの期限もあります。もちろん一か所では揃えられないので、いろんなお店をあちこち回って買い物をしないといけないので60分での買い物は無理で、介護保険サービスの趣旨からしても出来ないサービスです。しかし家事支援サービスをつけることで時間延長が可能となり、ご希望のサービス内容も対応が出来るようになりました。このサービスによりストレスの少ない生活が送れ、食べたいものを食べることができ、とても痩せていた状態から体重も増えて、ご夫婦ともに体調を維持されています。

ケー2

ペットのお困りごと

90代一人暮らし女性(要介護3) 介護保険に続けて家事支援(自費)を週4回ご利用。猫を3匹飼っている。

介護保険では自立支援、部分浴、更衣介助や買い物、掃除をおこなっています。介護保険ではしてはいけない、猫のゲージの掃除や餌やり、お庭や駐車場の掃除も家事支援サービスを付けることで対応が出来るようになりました。月に1回は病院受診付き添いも頼まれています。猫との生活はご本人にとっては楽しみ、生きがいです。長くご自宅で猫と一緒に生活することがご希望で、生きる目標となっています。

ケー3

お話し相手

80代一人暮らし女性(要支援2)

週1回介護保険に続けて家事支援サービスを15分追加利用。

介護保険ではお買い物とお掃除を45分でおこなっています。ヘルパーと話をするのが大好きで、毎週来るのをとても楽しみにしています。傾聴にかける時間はあまり取れないので、家事支援(自費)を15分つけることで、ご本人様はゆっくりとお話しすることが出来るようになり喜ばれています。

ケー4

ご家族と同居

共働き長男夫婦と孫と同居の70代女性(要介護1)
日中は一人で在宅 介護保険に続けて家事支援60分ご利用

介護保険にて居室、寝室、トイレ掃除をおこなっています。介護保険に続けて家事支援サービスを追加することで、お忙しい家族に代わって共有部分のお風呂、台所、各部屋の掃除機掛けなどをおこなっています。介護保険でご本人様の居室空間の衛生面が保たれ、体調面の観察、見守りとしての役割にもなっており、同居家族も家事支援をリーズナブルに使うことが出来ます。

copyright(c)2019 Yutorisuto all rights reserved.